さあ――ごっこ遊びをしましょう
プロフィール

かまぼこ

管理人:かまぼこ

Skypeに私を追加してください
4流大学に通うダメな大学生のBlog
主に2次元関連について記事書いています

ゲーム音楽を愛するぬるオタで、
ツンデレキャラと俺妹の黒猫こと五更瑠璃が大好き(*´Д`)
key作品の音楽(BGM)信者でもある。

アニメ・ゲームを糧に日々生きています。

詳細プロフィールはコチラ
(2013年7月7日更新)

~クリア済みADVゲーム一覧~
リトルバスターズ!
G線上の魔王
うたわれるもの
恋色空模様
もしも明日が晴れならば
Steins;Gate
ROBOTICS;NOTES
智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜


検索フォーム
ニコニコ動画ランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
DSC00288_convert_20120826040605.jpg

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 原作今出てる分読破―(`・ω・´)b


いやー。つい最近読み終わりましたよ。
本当に今更ですよね。

これを読んでいる最中、大学の友人に
「うわ、懐かしいーもん読んでるなーww」
っていわれたことを覚えていますw

今までアニメだけだったので、じっくりと原作を読む機会は意外となかったんですよね。
黒猫の登場シーンだけ書店で全巻立ち読みしたことはありましたが

というわけで、感想というか、黒猫愛というかなんというかを軽く述べていこうかな。


まず、ストーリー。

正直面白い!ってほどの展開はないよね!←
この本の面白さはストーリーにあらずなんだかそりゃそうだろうよ、ってことでまぁ仕方ないんだけどね。

っていうか萌えに特化したラノベ、アニメでなおかつストーリーも面白いぜ!ってやつはまずないんじゃないかなぁ。

キャラ同士の掛け合いが楽しくて読んだり見たりするのが一般的だと思うし。
この手の物に展開的面白さを求めてはいけないことは確かだね。

まぁもちろん、それを事前に承知の上で私は購入したので文句はないんですけどね。さっき批判的な発言したばかりで言うのもあれなんですけども(笑)

面白さはそこにあらずですからね。

じゃあどこを楽しみに読み進めればいいのか、っていうと、、

とにかくキャラが可愛い(*´Д`)

っていうそれに尽きるよね。

特にこの本、俺妹はキャラが可愛いのが多い。

黒猫においてはもう言わずもがな私は黒猫が大好きなんですが、

まぁそりゃあ黒猫以外のキャラも魅力的なキャラは少なくないわけですよ。

とりあえず、キャラランクをつけるとしたら現在こんな順位です

1.黒猫
2.新垣あやせ
3.高坂桐乃
4.五更 日向
5.田村 麻奈実
6.高坂 大介
7.沙織・バジーナ
8.来栖 加奈子
9.赤城 瀬菜
...
...
...(以下省略


こんなところでしょうか。
1位と2位の間にはものすごい差がありますが、それでも各キャラが可愛いことは確かです。

1~3位くらいまでなら、そのキャラが他作品のヒロインとして登場していたら、その作品の1番お気に入りのキャラになっていると思います。それくらいには可愛い。

6位に男キャラ(男性キャラ?)が入っている件についてですが、間違いではないですw
京介のお父さん、いい人やでぇ…
男性版ツンデレの鏡です。ご立派(笑)


さてまぁ、キャラランクの話はその辺にして、感じたことなんでっすが、、

キャラの萌えさせ方が非常にうまい、というか好み
なんですよね。

ああいう発言が可愛い、だとか、あんなしぐさが自分は好きだ、とか

そういうこだわりみたいなものって誰しも少なからず1つや2つくらいあるじゃないですか。

それはピンポイントに自分のツボを押さえてくる(*´Д`)

具体的にどういうツボなのか、といえば

なんとも説明しがたいので、ある日の某氏とのスカイプの会話を一部抜粋(一部改変)する形で説明したい。


---------------------------------------

かまぼこ『俺妹の原作者さんって、私の「可愛い」と感じるポイントをよくわかっているというか、
ツンデレのような表現を理解しすぎてる気がする・・・うまく表現できないけども』


某氏「そういえばかまぼこはツンデレの伝道者だったな」

『うまくは表現できないんだけど、表と裏の二面性があるところがいい。
なんていうか、普段はあれなんだけど、(本人たちがいないところで)実はこう思っていた、だとか、そういう表現がうまい。
・・・・伝わるかなぁ(´・ω・`)』


「・・・分からぬい(´・ω・`)」

『ぐぬぬ・・・俺の日本語力・・・・もっとわかりやすく言ってみよう』

『んーっと・・・本人のからまないエピソードがうまいというか・・・うーん』

『あれ、アニメは見たんだっけ?』


「一応見ましたお」

『じゃあ、たとえ話をもってくると、』

『桐乃いるじゃん?』

『兄貴嫌い(っていう設定)じゃん?』

「うむ」

『(表では)兄貴の前では絶対にその状態を崩さないんだけど、』

『(裏では)黒猫や沙織に兄弟関係を相談していたりするんだ。』

『この表裏の萌えさせ方がクソうまい(*´Д`)』


「何となく分かった(`・ω・´)」


-----------------------------------

とのことですw

こんな会話の一部の抜粋で伝わったのかどうかは疑問がまだ残っているのですが、この萌えがマジでうまいと思うw

たとえ話がとっさには思いつかなかったのでちょっと微妙なたとえになっていますが、桐乃に限ったことじゃないんですよ。

特に原作九巻では、各キャラごとの別視点で物語が描かれていたりするのでそれが顕著に伝わるかと思います。
(原作読破済みの人ならきっとわかってくれると信じている)


裏でこう考えていた~だとか、かなりのツボですよw
ちなみにこれは、発言を実際にしていなくても、予測が建てられる程度で十分なんですよw
あぁ、こいつ今絶対こんなこと考えているんだろうなぁ、程度の。
ツンデレキャラにはよくみられるパターンなんですけど、それの応用を他のキャラや状況に持ってきた感じ。

とにかく、そこが面白いです(←


語彙力や文章力がない私にはあまりうまく表現できていないかもしれませんが、多分こういうことなんだと思います。




さて。感想はこれくらいでしょうか。ストーリーについては深く言及するようなこともないしね。


余談ですが、この俺妹を読んでいる間、私はかなりの不審者になっていたと思います(笑)

電車の中で読もうものならうっかりにやけてしまいそうになるし、
家で一人で読んでいるときなんて…ry







と、いうことで俺の妹がこんなに可愛いわけがない、感想でした。

11巻が確か12年の9月10日発売だったかな?

楽しみにしております(`・ω・´)



ではでは、長くなりましたが本日はこの辺で。


スポンサーサイト
2012/08/26 05:09 ライトノベル・漫画 TB(0) CM(3)
コメント
黒猫とあやせの間にはスーパーサイヤ人の悟空と自称スーパーサイヤ人のベジータくらい差があるんですね。

しかしかまぼこたんが一つの作品にそこまでハマるとは思ってなかったヨ。
Skypeの話し相手の方、若干引いてません?(´・ω・`)

俺妹はアニメしか見てないけどなんか原作読みたくなってきたじゃなイカ\(^o^)/
2012/08/26 12:55 ワビスケ URL [ 編集 ]
つまりかまぼこちゃんはツンデレ好きということですね
俺妹は妹といい黒猫といいオヤジといいツンデレだし
というかオヤジが一番ツンデレすぐるwww
個人的には1巻の時には嫌いだったけど、だんだん好きになってくるキャラだよね
俺妹は各キャラの裏の心理まで丁寧に表現しているのが魅力だよね

電車でラノベを読みながらにやるとか。あ、私がいるw
ポーカーフェイスを身につけることがかまぼこちゃんのこれからの課題だね!
(電車で読まないという選択肢はないらしい)
2012/08/30 20:11 ミート@肉人28号 URL [ 編集 ]
>ワビスケさん
黒猫が可愛すぎるのがいけないんだよ(´・ω・`)
とはいえいつまで黒猫好きとしていられるのものか、思うところがある。

一つの作品にはまる…うーんどうなんだろう
どの作品でも本気で感想を書けばこれ蔵は書けると思うし、
黒猫が可愛いというだけなのでそこまでヨイショするつもりないよw

そしてスカイプの相手は本気で2次元に恋をしていて、おっぱい大好きなちょっと頭のねじが吹っ飛んだ人なので心配しなくても大丈夫ですよ!!!←

原作のほうが面白いですよ、ってこれはどの作品にも言えることだと思いますけどねw


>ミートさん
ツンデレ好き、とかっていうレベルじゃないですよ、私w
ツンデレに対するこだわりはちょっと人並み以上もってる自覚があります…というくらいには好きですねーw
まぁもちろんツンデレと一口に言っても人それぞれですし、私の主張するツンデレがすべてというわけでもなく(ry

裏の心理てのがうまいですよねー
うまいというか、よく書き込まれているというか。


にやけそうになってますがその気になればその衝動を抑えることができます(`・ω・´)
地味な特技だったりしますw
2012/09/01 01:15 かまぼこ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kuronekokeymusic.blog116.fc2.com/tb.php/319-d7cb6657
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


総記事数:
Twitter
カテゴリー

openclose

魔法使いの夜
最近の画像
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。